先日、地域おこし協力隊のメンバーで、中津地区の「天辺(てっぺん)」~農林業体感民宿~におじゃましてきました。

てっぺん食べ物

まずは、奥さまお手製の食事です。2000円で予約制です。予約の日は朝から作りはじめるそうです。

また今回は食事だけですが、農家民宿をされています。農家民宿を始めた経緯などなど農家民宿についてたっぷりお話しを伺いました。

食事のあとは、ご主人のお手製『てっぺん紅茶』です。農家民宿を始める事にした時に、自分も何かもてなしでできる事ないかと。本などを読んでなんと独学で紅茶作りを学んだとの事。
失敗もしながら納得のゆくまで思考錯誤で完成された『てっぺん紅茶』は、香りがもの凄く良いです!! 紅茶は、春摘み・夏摘み・秋摘みで香り・味わいが変わり、また同じ紅茶でもワインと一緒で熟成によって香りは変化していくとの事。

またピザ用の石窯もあり、4名以上ならば、自家製の小麦を使った手作りピザ作りもできます。

山菜・野菜・お花など、ほんと四季を感じられる場所です。

料金等の詳細はホームページで。
http://teppen-stay.jimdo.com/
(ふく)

てっぺん自然

********
天辺は農家民宿ですが、予約をすれば、お食事だけでも利用できますので、町内や松山市など日帰り圏内にお住まいの方にも、ぜひ一度訪れていただきたいと思います。見るもの、食べるもの、全てから、久万高原の自然の恵みを感じられる場所です。

宣子さんが手間をかけて作るお料理は、自家栽培の野菜やハーブ、また、食べられるお花も使われていて、ここでしか味わえないオリジナルなお料理です。今回 の主菜のアマゴも地元産のもので、都市部から遠く離れたお山の中で、地元産や自家栽培の素材だけを使って、こんなに豊かな食事を提供されていることに驚き ます。

食後に出される紅茶は、栽培から発酵まで、健郎さんが全て一人で手作業で作られた、こだわりの手作り紅茶です。市販の輸入品にはない豊かな香りとまろやかな味は、紅茶好きの方はもちろん、「紅茶は渋くて苦手」という方にも一度味わっていただきたいです。
オーナーご夫妻の人柄や、ここから見るお山の景色は、文章や写真ではお伝えしきれません。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

(きょん♪)

てっぺんふたり

********
先々週、ついに天辺に行ってきました!

天辺は私が入った中津地域にあります。近所にあるけど行く機会がなく、遠い場所でした。今回は町内の協力隊3人で行こうとなり、ついに行くことができまし た。中津は南向きに開けているので日当たりも良く、景色も抜群です。最高のロケーションですね。また、自然に囲まれているので四季折々の変化にも富んでい ます。

さて、料理ですが、地の野菜が中心です。アマゴも近くで養殖しているものです。山の幸をふんだんに使った料理はどれも美味しく、私たちは話すことも忘れ黙々と食べていました
(笑)

食後の紅茶も絶品でした。この紅茶も栽培、摘み取り、揉み、発酵まですべて自分で行っているそうです。みなさんにもぜひ味わっていただきたいです。

他に様々な体験メニューもあります!

周りの花や木々を目で見て、鳥の囀りを聴き、料理を味わい、森の香りがし、様々な体験ができる、五感で楽しむことができる場所です。
みなさんもぜひ行ってみてください。ことばで伝わる以上の感動があると思います。
(てらだ)

てっぺん景色

Pocket
LINEで送る